2010年05月28日

自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求(産経新聞)

 民主党の支持団体である地方公務員労組「自治労」の徳永秀昭委員長(連合会長代行)は27日、静岡県浜松市内で開いた中央委員会で、米軍普天間飛行場の移設問題で日米両政府が最終調整している共同声明の撤回を求めた。徳永氏は「旧政権が確認した現行案に限りなく近い。問題を持つ内容と言わざるを得ない」と語った。

【関連記事】
普天間移設 許されぬ文言の使い分け
「県内駄目」は納得できず 岡田氏、宜野湾市長を批判
鳩山首相、沖縄米訓練の受け入れを要請 全国知事会で
署名拒否なら首相発言も 官房長官が日米合意の修正は否定
普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」

「マニフェスト」と呼称せず=「詐欺の代名詞」と敬遠―夏の参院選で自民(時事通信)
環境面に徹底配慮=普天間代替施設―鳩山首相(時事通信)
不同意堕胎 勤務先から点滴薬を不正入手(産経新聞)
受信料不払い「強制執行は当然」NHK経営委長(読売新聞)
同級生を金づちで殴打=中3女子生徒を逮捕―岩手県警(時事通信)
posted by タキ ツギオ at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。